VISION 兵庫遊符会のようなもの

VISION兵庫大会のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第2回闇鍋カード考察

さて早くもやってまいりました「第2回闇鍋カード考察」(今タイトル決定
今回も暗闇のなか闇考察と参ります。さあ電気消してテレビ切ってPCのモニタ切って…………カード決めてきます。

















はい決定。なんとつまらないカードなのか。

では第2回の標的はこいつ。


NO.237 流星祈願会
CommandCard
Nord(4)/Cost(1)
〔このカード〕の解決時、あなた手札が相手プレイヤーの手札より1枚少ない場合、以下の効果の1を、2枚少ない場合、以下の効果の2を解決する。
1.〔相手プレイヤー1人の手札1枚〕を無作為に選んで破棄する。
2.〔あなた〕は2ドローする。

テキストは以上。……解決時、「あなた手札が」という脱字がある事に気づいた。



使用方法:4枚目の取引以上。










と言いたい所ですが流石にそういうわけにもいかないのでつらつらと書いていきますか……

第3弾「洩矢の王国」に収録されたコマンドカード。ハンデス効果とドロー効果を内蔵し、相手と自分の手札差によってどちらかを解決する事になる。

wikiモード終了。
とりあえず使い方その1…条件のある取引として使用。
最もポピュラーな使い方。そのまま2の効果を解決するために使う。
【自分ターン1枚制限】が存在しないため、取引と違って引いてしまってそのターン中腐る……という事はない。相互互換ではある。
このカードの解決時の手札を参照するため、
新史→干渉取引→干渉流星祈願会とやれば自分の手札を3枚減らしつつ計7ドローも可能。干渉香霖堂とかでもっと増える。
そこまでドローして何をするかは君次第。


使い方2…ハンデス
……これは無理だろう。ハンデスデッキに投入すると4ノード(文や情報戦と競合)のくせにハンデス始めると腐る。馬鹿か。
そもそもハンデスは相手の手札を0(あるいはそれに近い数字)にするのが目的なのに相手より手札が多くなければそも使えないとかもうね。
そもそもピーピングが不可能だからそこも下位互換。ハンデス始めたらドローも使えないからノードの肥やし。
……こりゃ無理だな。廃案。


ふむ、やはり最近(5弾以降)俺のデッキに入ってないだけあって評価が低いなぁ……前はドローソースと見るやかき集めて採用してたんだけど…………
そういう場面でなぜこのカードが劣るか、続きから考察。

このカードが他のドローソースに劣る点はただ一つ、そのノードの高さに対する条件である。

そもそもこんなカードがあることが悪い。
NO.212新史「新幻想史-ネクストヒストリー-」
SpellCard
Nord(3)/Cost(2)
〔あなた〕は9ダメージを受ける。その後、あなたは3ドローし、〔このカード〕をスリープ状態でノードに加える。

ノードが「1」低いのに3ドロー?
おいハンドアドバンテージ奪ったじゃねえか。
そう、取引ならこの後もカードを引けるが……祈願会はかなり引くのが難しくなる。

要は「ソリティアデッキ」においては「使うには遅すぎるカード」、
「普通のデッキ」では「取引でいいじゃない」

……ということである。さて次のコーナー。


カードの成り立ち妄想。今回はちょっと絡め手から考察。
まあドローソースとして追加という意味なんだろうけど、『なぜ「流星祈願会」というカード名なのか』を考察、というか妄想。


STGでは馴染みのないこの流星祈願会、元ネタは「東方香霖堂」からである(このカードの魔理沙・霊夢の服も香霖堂仕様)。余談だが、他にも「香霖堂」を始め、「強引な取引(絵やフレーバー)」「三稜鏡」や「草薙剣」をはじめ、「人魂灯」「すべてがFになる時」「渾天儀」などが香霖堂を元ネタとするカード。

この「流星祈願会」は第21話「妖怪の見た宇宙」が元。ちなみに渾天儀も同じ21話が元。
この話によると、「4、5年前から毎年恒例」で行われ、その頃(第1回流星祈願会)から魔理沙は星に因んだ魔法を使うようになったとか。


フレーバーの(呪い、呪い、呪い…)は霊夢の願い(「願い事を出来るだけ圧縮してみたの」とは本人の言)。
無論、(もっと凄い魔法が使いたいぜ)は魔理沙の願いである。

このカードではどうやら願いが叶うかは不確定、手札差が2枚ならば霊夢の願いが(取引)、1枚ならば魔理沙の願いが(手札破棄)叶うようだ。

プレイヤーも流星に願いをかけ、その結果は相手プレイヤーが決める。下手したら叶わないかもしれない。
ここら辺は実に「流星祈願会」らしいものである。






















余談。
本カードの絵師は「くろな」氏。他にも永夜の術や実と虚の境界、渾天儀を描いています。
渾天儀以外はキャラが小さいのが特徴です(ぁ
この人は個人的にお気に入りなので、もっとこの人のカードが増えて欲しい俺。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/03(土) 01:08:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あと5人。……とバトンとその補足。 | ホーム | 眠れなければ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hyogovision.blog63.fc2.com/tb.php/11-8552a119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。